FX初心者必修講座

FX初心者が押さえておくべき知識をお伝えします。通貨別の情報もあり

口座は複数で運用?

FX初心者はまずは一つの口座に集中 するべきでしょう。 資金に余裕があり、トレードも十分 慣れてくれば「裁量用」、「自動売買用」 に分ける、「裁量用」でも 「スイング・トレード用」、 「デイトレ用」、「スキャルピング用」、 或いは「スワップ金利狙い用」などと分けて 運用していく事には意味がありますし、 「リスク分散」(ポートフォリオ)の 考え方として成立します。 ただ初心者ではなかなかそこまで「管理」 仕切れないでしょう。 まずは一つの証券会社の一つの口座に集中して トレードしていくべきです。 そしてその証券会社が示している 「スプレッド」に関して公言している通りなのか、 「約定力」はどの程度なのかをまずは 「体感」して下さい。 「約定力」については比較してみないと 分からない事ですが、まずは前提として 同一口座で違いがないのか確認しましょう。 時間帯により「スプレッドの開き」や 「いわゆる「オフ・クオート(Off Quote)」 についても何度か体験しているとその差が 分かってきます。 また特定の「経済指標発表」前後でどれだけ 「スプレッド」が開くのか、一日で差が大きい 時と小さい時はいつなのか、自分自身で チェックするのがベストです。

Posted in FX初心者の方へ | コメントは受け付けていません。

マナブ式FX完全マスタープログラムの目玉は?

日から話題になっているマナブ式FX完全マスタープログラムなんですが, 目玉となっているノウハウはなんでしょうか。まずこの教材は デイトレ手法とスイング手法があるんです。 個人的にはこのデイトレ手法がかなり気になります。 多くの教材が夜の荒れ相場だと破綻してしまいがちなんですが, このマナブ式FX完全マスタープログラムはむしろ夜の荒れ相場であるほど 真価を発揮するFXノウハウみたいです。 ですので,この時間にトレードすることが多いトレーダーにとっては かなりマナブ式FX完全マスタープログラムは注目されています。

Posted in FX初心者の方へ | コメントは受け付けていません。

移動平均線の利用の仕方とは?

fx初心者の人でも移動平均線くらいは早めにマスターしておくのがオススメです。 というのは、 移動平均線はFXトップトレーダー育成パッケージでは活用できるものだからです。 実際に活用している人は少なくありません。 移動平均線というのは、 かこのデートが基本で、 そのデータを基にして未来を予想しようとするグラフです。 これは一定期間の平均値を基準にするものであって、 損『期間は21日や90日などの期間を設定することができます。 これあなた自身が使いやすい設定にすると良いでしょう。

Posted in 通貨別基礎知識 | コメントは受け付けていません。

バイナリーオプションの参考サイト

FXと関連する為替投資商品としてバイナリーオプションも今始めています。 ただ、何も勉強しないで始めると大変なことになるので、 ネットでバイナリーオプションについて色々勉強しています。 私が特に参考にしているバイナリーオプションサイトはこちらです。 http://bynaryoption.com/ 教材レビューがメインですが、バイナリーオプションの基礎的なこともしっかり書いてあるので、割と参考になりますね。

Posted in 通貨別基礎知識 | コメントは受け付けていません。

高金利通貨の南アフリカランド

南アフリカランドと言えば、各国の通貨の中でも 特に高金利であると言う点から、 現在、非常に注目されている通貨の1つです。 金利が高いということは、つまりスワップポイントも高いと言うことです。 ですから、南アフリカランドでFX取引を行う場合、 スワップ金利を狙って投資を行う人が多いようです。 南アフリカと言えば、2010年にワールドカップ開催国となったり、 順調な経済発展を見せています。 また、通貨も安定した動きを見せています。 しかし、国内の治安はまだまだ安定しているとは言えませんので、 不安材料と思えるような部分もあります。 為替相場の値動きについては、他の国の通貨に比べると、 ずいぶんと不安定で大きく動きやすい特徴があります。 金利が高いため、スワップ金利狙いに向いているのですが、 国内で何か問題が起きれば急落し、 結果的に大きく損失となってしまうもしれません。 FX取引の初心者は、その点を十分に理解した上で、 慎重に取引をするようにしてください。 スワップ金利狙いの場合でも、あまり長期の取引とするのではなく、 なるべく短期や中期での手仕舞いを検討した方がよいでしょう。 高金利が魅力的な分、リスクもそれなりにある通貨ですから、 取引の際は十分に気を付けてください。

Posted in 通貨別基礎知識 | コメントは受け付けていません。

香港ドルの特徴

香港は中国の一部ですが、特別行政区であり、 中国の人民元とは異なる通貨、香港ドルを採用しています。 香港は数年前まではイギリスの領土となっていましたが、 中国に正式に返還されてからも、独自の通貨である 香港ドルを発行・流通させています。 そのため、同じ中国の中でも、人民元と香港ドルは、 経済的に別なものとして扱われているのです。 香港ドルの最大の特徴は、為替レートを一定の水準に抑える政策が 取られているという点です。 そのため、変動の割合が非常に少ないわけですから、 リスクが少ない通貨だと言えるでしょう。 なお、値動きや金利は、実際には米ドルと連動を見せています。 そのため、香港ドルで取引を行おうとされるのであれば、 米ドルの値動きも合わせて確認すると良いでしょう。 米ドルでのFXトレードを普段から行っている方であれば、 取引の判断がしやすいのが、香港ドルなのです。 もちろん、香港ドルは米ドルだけでなく、 本土である中国(人民元)との関連性も高い通貨です。 現在、めざましい発展を遂げている中国経済と共に、 香港ドルも注目されているのです。 経済の発展も見られますし、中国本土への参入状況なども増えています。 これからも発展が期待できる地域・通貨と言えるのではないでしょうか。 中国の株が上昇した場合なども、香港ドルのトレンドが上昇するようです。 今後、人民元の切り上げがなされた場合は、 香港ドルも連動して切り上げされる可能性もあると言えるでしょう。 香港ドルでFX取引を行うのならば、 人民元の為替相場も、欠かさず確認しておくべきでしょう。

Posted in 通貨別基礎知識 | コメントは受け付けていません。

資源の価格と連動するカナダドル

カナダドルとは、カナダで流通している通貨のことです。 様々な通貨がある中でも、カナダドルに顕著な特徴としては、 資源の価格と連動しやすいという点が挙げられるでしょう。 これはなぜかというと、カナダは原油や金の原産国で、 資源が豊富な国だからです。 そのため、原油価格や金相場の影響を受けやすいのです。 ですから、FXの初心者であろうが関係なくナダドルを売買しようと考えているのならば、 原油価格や金相場も合わせてチェックしながら、 取引を行うようにするのがよいでしょうね。 ちなみに、ここのところは原油価格や金相場も上昇しているようですから、 それに合わせてカナダドルも上昇傾向を見せているようです。 逆に、今後もし原油価格が下がっていくことになれば、 カナダドルも下がっていくと推測されます。 このカナダドルの相場変動ですが、群集心理が働いて変動している部分もあります。 すなわち、原油や金の価格が上がれば、カナダドルが上がる傾向があるわけですから、 原油や金の価格変動に合わせて、売買をしようとする人が増えるわけです。 カナダドルの金利はそれ程高いわけではありませんので、 スワップ狙い向きではないかもしれません。 しかし、安定した状況の国ですから、通貨の安全性は高いでしょう。 FXでの投資に向いている通貨のひとつと言えます。 また、カナダと言えばアメリカにごく近い国です。 カナダの資源物と言えば、金・石炭・銅など様々な鉱物資源なのですが、 その輸出先の多くは地域性の問題もあり、アメリカに集中しています。 つまり、カナダはアメリカの経済状況に左右されやすいのです。 アメリカの経済が良くなれば、カナダの経済も発展しますし、 アメリカの経済が悪くなれば、貿易の輸出入も悪化しますから、 連動してカナダの経済状況も悪くなってしまうのです。  

Posted in 通貨別基礎知識 | コメントは受け付けていません。

自分にあった通貨ペアを探そう

FXでは取引業者によって、さまざまな通貨ペアを選択して、 取引をすることができます。 株取引の銘柄などと比べれば、選択幅は非常に狭いですが、 それでもやはり、取引に向いている適切な通貨ペアを選ぶことは、 非常に重要なことです。 通貨ペアによって、トレードに向いているタイプが違いますから、 初めにそれぞれの通貨ペアの特徴をしっかり把握しておくようにしましょう。 もちろん、どの通貨ペアがFX取引に向いているのかというのは、 個人個人の投資スタイルに依るものです。 ですから、特定のどれかの通貨ペアが良いというようなものではありません。 ご自身の取引スタイルに合った通貨ペアを探すということが大切です。 通貨ペアについては、同時にいくつかのポジションを持つのも良いですし、 得意な通貨ペアが1つ作れれば、それだけでも十分に利益を出すことが可能です。 ポンド円などの変動の多い通貨ペアでは、どちらかといえば 短期の取引で手仕舞いさせ、為替差益を利用して儲けるやり方に適しています。 逆に、豪ドル円などの安定した高金利の通貨ペアであれば、 スワップ金利を狙うような取引に向いているでしょう。 また、FXを始めたばかりの場合、値動きの大きい通貨ペアでポジションを取ると、 利益よりも損失の方が大きくなってしまいがちです。 値動きの大きい通貨ペアを取引したい場合、 安定した通貨ペアで何度かトレードを繰り返して、 取引そのものに慣れてきてから、選ぶようにしたほうが良いと思います できれば、リスクヘッジのために、取引する通貨ペアは分散させた方がよいでしょう。 ある通貨ペアで損が出ていても、他の通貨ペアの方で利益が出れば、 トータルでプラスとなるからです。

Posted in 通貨別基礎知識 | コメントは受け付けていません。

移動平均線の使い方のポイント

FXで売買を行う際に移動平均線を使うという方は、 かなり多いのではないでしょうか。 移動平均線は、様々なツールの中でも比較的わかりやすく使いやすくですし、 ベーシックなツールと言ってもいいかもしれませんね。 今回は、この移動平均線について、ご説明します。 移動平均線とは、過去の一定期間における為替変動の平均値を、 折れ線グラフにしたものです。 平均を取る期間は21日や90日など様々です。 よく利用されている期間としては、 短期の21日、中期の90日、長期の200日という組み合わせが多いようです。 しかし、ここは自分の取引スタイルに合わせて、 使いやすい期間にしてしまっても良いでしょう。 移動平均線はグラフ化されていますから、 見ただけで相場の上昇・下降などの状況がわかりやすく、 そこから今後の予想を立てやすいのが特徴です。 しかし、このラインはあくまで過去の平均値ですから、 未来の数値とはズレが生じる事ももちろんありますし、 正確な予想にはならないケースもあります。 特に長期間の移動平均線を利用すると、 その分ズレが大きくなることもありますから、気を付けるようにしましょう。 なお、移動平均線の使い方としては、短期・中期・長期などの 異なる期間のグラフを同時に利用する方法もあります。 この使い方をする場合、異なる期間のグラフが交差するところを、 取引ポイントであると判断します。 この交差する点を、ゴールデンクロス(買いのシグナル)、 もしくは逆のデッドクロス(売りのシグナル)と呼びます。 長期の移動平均線が下降トレンドを取っている時に、 短期の移動平均線が上に抜けていった場合をゴールデンクロスと言い、 これは買いのシグナルとされています。  

Posted in FX初心者の方へ | コメントは受け付けていません。

期待のホープ、ランド円

普通に日本で暮らしていると、 ランドという通貨はあまり聞いたことはないでしょう。 ですがFXをやっている人なら、ランド円という通貨ペアについて、 知っている・聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。 ランドとは、南アフリカ共和国の通貨です。 現在、南アフリカは経済の成長が著しいため、 通貨の金利が高いという特徴があります。 そのため、スワップ金利狙いの取引に利用できる通貨です。 南アフリカは金などの鉱物の資源国です。 今後も金の値が上がると予想されていますから、 それに伴って通貨価値も上がっていく可能性が高いです。 また、経済面なども含め、今後も成長発展していく可能性が 非常に高い国ですので、投資家から注目されている通貨です。 金の資源が多いため、南アフリカランドは、 金相場と連動しやすい特徴があります。 そのため、ランド円でFXトレードを行おうと考えるのならば、 金相場の価格も確認するようにしたら良いでしょうね。 しかし、南アフリカランドにも弱点と言えるポイントがあります。 今後、大いに期待を持ちたい通貨なのですが、 流通量がそれほど多くないため、為替レートが大幅に変動することもあるのです。 そういった事情も含めると、短期的な取引に利用するより、 スワップ金利狙いとして、長期的に保有するような取引スタイルを 取るのが良いのではないでしょうか。 また注意点としては、現在の経済状況は安定していますが、 突然大きく変動する事もありますから、注意して取引を行いましょう。  

Posted in 通貨別基礎知識 | コメントは受け付けていません。